うつ病の症状は自覚しにくいので発見が難しい

男性

身体の異常

カウンセリング

うつ病を発症すると、様々な症状が起こります。一般的には心の病気と言われているため、心の状態を重要視している事が多いでしょう。しかし、うつ病に掛かると身体の方にも症状が現れます。身体に現れる異常は、心の変化よりも気付きやすいので、注意しておくことが必要になるでしょう。基本的に、身体に起こる異常は普段生活していても起こる異常が多いのです。例えば、中々寝付けなくなったり、食欲がなくなってしまったりします。ですが、注意深く観察することで、病気なのかそうでないのか区別がつくようになるでしょう。まず、うつ病の身体的な症状としては、睡眠障害が挙げられます。睡眠障害の種類はいくつかあり、中途覚醒では寝ている時にすぐに目が覚めてしまう睡眠障害です。ちょっとしたことで目が覚めてしまうので、熟睡することが難しくなってしまいます。その為疲れが取れない、日中に眠気を覚えるなど、集中力の欠如に繋がるのです。不眠症や入眠困難の場合は、寝付きが悪くなり、眠ろうとしても入眠することが難しくなります。普段よりも寝付くのに2時間以上掛けることが週に2回以上で1ヶ月程続き、苦痛を感じる状態が不眠症の定義です。睡眠が取れなくなることで、気分転換ができなくなりうつ病の症状を悪化させてしまう原因となります。過剰睡眠の場合は、不眠症とは逆で長時間睡眠を取っても眠気が取れない状態のことです。睡眠に満足感が得られず、決まった時間に起きられなくなります。二度寝を繰り返し、仕事や学校に遅刻する回数が増えてくるでしょう。そして、充分な睡眠時間を取った後でも強い眠気に襲われる為、集中力が欠けた状態が続きます。うつ病の症状は睡眠以外にも現れるのです。有名なのが食欲不振や過食でしょう。空腹を感じなくなったり、食事が美味しく感じられないなど食欲が衰えていきます。食事をしなくなることで栄養を補給することが難しくなるでしょう。その影響から、身体の健康が損なわれてしまうのです。また、過食の場合は自分でストップがかけられないほど食欲が増大します。限界以上に食べ続けるので、体重は増加し消化器官にも大きな負担をかけてしまうのです。倦怠感や疲労感もうつ病の症状としては有名でしょう。気分が落ち込んだり、疲れてくると身体の方も怠さを感じます。一過性の抑うつの場合は気分転換や休息などを取ることで回復することができるでしょう。ですが、うつ病の場合は休息をとっても疲労や怠さが取れることはないのです。これが、一過性の抑うつとは違う所と言えます。休養をどれだけ取っても、身体の調子が戻らないのは、心が疲れているからです。うつ病の場合、倦怠感や疲労感は時間帯によって、症状がおお言う変化します。日内変動と言われており、午前中は最も症状が重く午後から夜にかけて調子が良くなってくるのです。うつ病の種類によっては逆の場合もあります。体調の変化に気付いたら、まずは専門の医療機関で診察してもらいましょう。